~市場を見ず、お客様を見る~
栄養分を作りだす”葉”を大切にするのはもちろんギリギリまで樹上で完熟させています。 生産者直送だから市場価格よりも美味しさを優先しています。
実は、スーパーなどで販売されているりんごは、本当の意味での完熟にはなっていません。なぜなら、市場価格は早ければ早いほど高く売れるからです。
そして、期待が外れたお客様は「失敗した」と感じてしまう。大変残念なことです。

一里山農園は、通信販売専門の農家です。市場価格ではなくお客様の声に耳を傾け、お客様の期待を裏切らないよう、努力を続けています。

身が引き締まったりんごを育む粘土質の土壌。
そして良質のタンパク質から作ったアミノ酸を多く含む有機肥料は畑のバクテリアの活躍で、さらに分解が進むことで樹が養分を吸収します。

中山間地特有の昼夜の寒暖の差がりんごの甘みをパワーアップさせます。
特に11月に収穫する”ふじ”にはたくさんの蜜が入ります。
※収穫の秋は大きいときで10℃~13℃の気温差が生じます